ループ コンポーネントが OWA に表示される

電子メールのループ化のパスに沿った最初のステップ

Loop コンポーネントが Teams チャットに初めて登場してから 9 か月後、同じコンポーネントを OWA メッセージに含めることができます (メッセージセンター通知 MC360766、 Microsoft 365 ロードマップ項目 93234).ロードマップ項目の 2022 年 6 月の一般提供日は、ターゲット リリース用に構成されたテナントが Loop コンポーネントを OWA に表示しているだけなので、少し楽観的です。私はループコンポーネントがOutlookのWindowsに表示されるのを見たことがない、マイクロソフトによると、OWAとOutlookのWindowsの両方のループコンポーネントの一般提供は7月に予定されている。その目標はかなりのストレッチのように思えます。

ループコンポーネントの背後にある概念は、Teams チャットと同じままです。メッセージの作成者は、コンポーネントを挿入し、その内容を編集します。コンポーネントの物理的なインスタンス化は、作成者の OneDrive for Business アカウントの[添付ファイル]フォルダーに格納されている流動的なファイルです。

ループコンポーネントにアクセスすると、メッセージの受信者は 他のユーザーによる変更を受信するための Web ソケット接続 人々がコンテンツを積極的に編集している場所と変更が加えられた場所を示すインジケータとともに、ほぼリアルタイムで。メッセージ内のリンクは OneDrive for Business に格納されているファイルを指し、アプリはファイルのコンテンツをインラインで編集可能なフレームで表示します。

OWA のループの実装

Teams チャットで Loop コンポーネントを使用したことがある場合は、OWA での実装について説明することはあまりありません。しかし、私はいくつかの興味深い点に気付きました:

  • メッセージにループ コンポーネントを追加すると、OWA は電子メール アドレスを CC 受信者として追加します。すべてのアクションが不要な(そしておそらく不要な)メッセージのコピーを受信トレイに配信することであるため、Microsoftがこれを行う理由はわかりません。受信トレイにメッセージのコピーを受け取ると、編集可能なコンポーネントを他の人と共有したことを思い出させるので、このアプローチを好む人もいますが、実装は不十分だと思います。送信するメッセージ内の Loop コンポーネントを更新する必要がある場合は、「送信済みアイテム」フォルダーでメッセージのコピーを見つけて、そこでコンポーネントを編集します。または、OneDrive for Business に保存されている流体ファイルを開いて更新します。
  • Microsoft はループ コンポーネントを共同作業の新しい方法として位置づけていますが、OWA は電子メールのループ コンポーネントを設定して、同じ組織内の受信者に読み取り専用アクセスを許可します。メッセージの作成者は、受信者が電子メールで受信したコンポーネントを更新できるようにアクセスを変更できますが、これは例外ではなくデフォルトであるはずです。
  • 1 つの電子メールに複数の Loop コンポーネントを含め、通常のテキストと混在させることができます。たとえば、段落コンポーネントをメッセージのイントロダクションとして、その後にタスクリストを続けます。各コンポーネントには、OneDrive for Business に格納された独自の流体ファイルがあります。これは、ループコンポーネントがメッセージ内の唯一のものである必要がある Teams チャットとは異なります。OWA は常にマルチパート メッセージを処理できてきたので、これはそれほど驚くべきことではありません。
  • OWA から Loop コンポーネントをコピーして別のアプリに貼り付けることができ (現時点では Teams チャットのみ)、コンポーネントは新しい場所で編集できます。チームで行われた変更は OWA に表示され、その逆も同様です。基本的にコンポーネントへのリンクをコピーして別のアプリに貼り付けているので、これは驚くべきことではありませんが、非常にスムーズに動作するのはうれしいことです。

図 1 は、Teams チャットに貼り付けられ、そこで更新された[送信済みアイテム]フォルダー内のメッセージ内の Loop コンポーネントを示しています。

  OWA メッセージ内のループ コンポーネント
図 1: OWA メッセージ内のループ コンポーネントの編集

今のところ、Loopは社内コラボレーションに焦点を当てています

一般に、OWA のループ実装は期待どおりに動作し、非常に使いやすいものです。今のところ大きな欠点は、OWA メッセージの Loop コンポーネントが同じ組織内のユーザーに対してのみ機能することです。他の Microsoft 365 テナント (ハイブリッド展開を含む) および Microsoft 以外の電子メールサーバーの受信者へのアクセスを制御する際の技術的な課題は、テナントの内外のユーザーに対して Loop コンポーネントを使用したシームレスな対話を行う前に理解して対処する必要があります。

Loop コンポーネントを含むメッセージにテナント以外のアドレスを追加できますが、メッセージを送信すると、OWA はメッセージ内のリンクが機能しないことを検出し、エラーを通知します (図 2)。

電子メールの一部の受信者は、ループコンポーネントにアクセスできません
図 2: 電子メールの一部の受信者が Loop コンポーネントにアクセスできない

とにかく先に進んで送信すると、外部の人々は、開くことができないLoopコンポーネントへのリンクを含むメッセージを受信します。時々、あなたはee は、図 3 に示す種類のメッセージで、テナント内の Exchange Online システム メールボックスから送信され、電子メール内の Loop コンポーネントへのアクセスを許可する際に発生した問題をメッセージの送信者に通知します。

OWA はループ コンポーネントのアクセス権を設定できません
図 3: OWA が Loop コンポーネントのアクセス権を設定できない

電子メールで送信される Loop コンポーネントの初期段階にあることを考えると、図 3 に見られる問題は、マイクロソフトがまもなく解決する不具合であると確信しています。

クライアントの更新の必要性がループコンポーネントの採用を遅らせる

Teams とは異なり、Outlook クライアントは共通のコード ベースを共有しません。これは One Outlook プロジェクトが達成しようとしていることですが、現時点では、使用されている電子メール クライアントのセットは、通常最新のもの (OWA) から、多くの場合最新ではないもの (Outlook デスクトップ) まで多岐にわたります。同じ組織内であっても、受信者が “Loop Enlightened" ではない電子メール クライアントを使用している場合、完全にレンダリングされたコンテンツではなく、流動的なファイルへのリンクが表示されます。ユーザーはこのリンクを使用して Loop コンポーネントを開いて操作できますが、これは Microsoft が提供したい意図したインライン編集エクスペリエンスではありません。

ループ コンポーネントを処理できない電子メール クライアントの一覧には、Outlook モバイル、その他のモバイル クライアント (Apple メール アプリなど)、および古い Outlook デスクトップ クライアントが含まれます。マイクロソフトが Outlook デスクトップを更新した後でも、組織で使用されるすべての Outlook クライアントが Loop コンポーネントと対話できるようになるまでには長い時間がかかることが経験上証明されています。おそらくマイクロソフトは、Loopコンポーネントの存在が、顧客が最新バージョンのOutlookを使用するように説得することを望んでいます。それが希望であれば、それは長いショットかもしれません。

最後に、Loopコンポーネントの使用を急ぐ前に、いくつかのコンプライアンスの問題が未解決のままであることに注意してください。これは、Loopコンポーネントがまだ実証されておらず未熟なコラボレーション技術である証拠であり、今後数年間はそうである可能性があります。


いつも、たくさんの変化があります。マイクロソフトが Office 365 全体で行うすべての更新プログラムに遅れずについていくことは困難です。購読する Office 365 for IT プロフェッショナル 電子書籍では、何が起こるか、なぜそれが起こるのか、Loopコンポーネントなどの新機能がテナントにとってどのような意味を持つのかについての洞察を毎月受け取ります。

未分類

Posted by admin