OneDrive for Business Rebark Bin, Searchs, and Hold

OneDrive for Business は Microsoft 365 アプリケーション向けの一般的なストレージです。

Microsoft 365 アプリケーションは、ユーザーが個人用ファイルを保存する場所であることとは別に、あらゆる種類の目的で OneDrive for Business を使用します。ホワイトボード、チーム会議の録画、およびループ コンポーネントは、OneDrive for Business ごみ箱から削除されるなど、ストレージの 3 つのアプリケーション用途です。最終的なポイントは、Microsoft 365 が OneDrive for Business を多くの種類のアプリケーション データを保持するのに最適な場所として扱っていることです。

大きな理由の 1 つは、Stream が最初に使用していた Azure ベースの BLOB ストレージなどの他のリポジトリではなく、OneDrive for Business にデータが格納されると、その情報が Microsoft 365 コンプライアンス、データ ガバナンス、ライフサイクル管理のすべての機能に完全に公開されることです。Microsoft Search は、コンテンツを検出可能にするために OneDrive for Business に格納されているファイルにインデックスを付け、Microsoft Purview コアやプレミアム電子情報開示などの機能によって、調査が必要になったときに情報を調査できます。

マイクロソフトのドキュメントの奇妙な声明

そのすべては、ステートメントが マイクロソフトのドキュメント (図1)「ごみ箱にはインデックスが作成されていないため、検索ではコンテンツが見つかりません。つまり、電子情報開示の保留では、ごみ箱内のコンテンツを保持するためにコンテンツを見つけることができません。 おそらくコンプライアンス管理者にとって不愉快な驚きとして来るでしょう。

OneDrive for Business の削除プロセスとメモ (出典: Microsoft)

OneDrive for Business ごみ箱
図 1: OneDrive for Business の削除プロセスとメモ (出典: Microsoft)

一言で言えば、マイクロソフトのテキストは、電子情報開示検索で検索または保持したくない情報を、OneDrive for Business Trash に保持することで隠すことができることを意味します。これは、偶然に (ユーザーは、データ ガバナンスの監視が OneDrive のごみ箱内のファイルに適用されないことに気付かない) か、意図的に (ユーザーがそうして、その事実を利用したい) 発生する可能性があります。いずれにせよ、それは良い状況ではありません。

コンテンツ検索で見つかった OneDrive データ

このようなアサーションにより、Microsoft 365 コンテンツ検索 (別個または標準の電子情報開示ケースの一部として) が OneDrive for Business ごみ箱に格納されているアイテムを見つけることができるかどうかをテストしました。コンテンツ検索でアイテムが見つからない状況を明らかにするための私のすべての努力は失敗しました。保留リストも機能しているように見え、アイテムがごみ箱に入っても保持ラベル (保留の形式) が消えることはありません。

私はマイクロソフトのテキストが実際に何を意味するのか分かりません。Microsoft Purview が OneDrive のごみ箱にあるアイテムを保留にしないようにするための何らかの条件が存在する可能性がありますが、ドキュメントに反して、OneDrive のごみ箱にあるアイテムを検索で見つけることができるのは確かです (図 2)。

Microsoft 365 コンテンツ検索では、OneDrive for Business のごみ箱でアイテムが検索されます
図 2: Microsoft 365 コンテンツ検索で、OneDrive for Business のごみ箱内のアイテムが見つかる

保持をテストするために、第 1 段階と第 2 段階のごみ箱からアイテムを削除しました。アイテムは最終的に OneDrive アイテム保管ライブラリに格納され (歯車メニューから[サイト コンテンツ]を選択すると、ライブラリを開くことができます)、アイテムはそこにあり、ホールドの有効期限が切れるのを待っていました。

ごみ箱のインデックス作成

声明が「ごみ箱にインデックスが付けられていません" 正確です。ごみ箱内のアイテムは、Microsoft Search が元の場所で処理したためにインデックスにある可能性があります。OneDrive for Business ブラウザー インターフェイスには、ごみ箱にファイルを作成するオプションが提供されておらず、API を使用してこのようなことを行うことは可能ですが (PnP で作業しているユーザーはこれについて理解している可能性があります)、これは珍しいことです。おそらく、ごみ箱にファイルを作成する論理的な理由が存在するため、疑わしいアクションもありますか?

ドキュメントは必ずしも正確ではない

この経験は、たとえMicrosoftのimprimaturで公開されていても、ドキュメントが100%正確であると仮定することはできないことをもう一度強調しています。それはすべて作家の知識と経験、特にトピックに精通しているかどうかにかかっています。そして、特定の技術の経験を持つ人でさえ、何かがどのように機能するかを説明することになると、台無しにすることができます。キーボードの指の滑り、言葉遣いの悪い文章、または単なる文章の間違いは、すべて作家の人生の一部であり、小包です。


Office 365 アプリケーション内に表示される変更について、 をサブスクライブして驚かないようにします。ザ Office 365 for IT プロフェッショナル 電子ブック。毎月の更新により、加入者に最新情報が提供されます。

未分類

Posted by admin