ユーザーが Microsoft 365 グループに送信する電子メールのコピーを受信できるようにする方法

[ad_1]

Outlook グループはまだ人気があります

マイクロソフトが 2014 年 11 月に Office 365 グループを立ち上げた時点で、これらのオブジェクトを使用して配布グループを置き換える計画でした。すべての計画と同様に、イベントが引き継がれ、強制的に変更が行われました。配布グループはそのまま残ります( マイクロソフトは、機能を更新しています) と Office 365 グループの役割 (名前変更) 2020 年 4 月のマイクロソフト 365 グループ) は、チーム、Power BI、Yammer などのアプリのメンバーシップと ID サービスに進化しました。しかし、Outlook の信者は、Outlook および OWA で Microsoft 365 グループを使用できます (モニカーを持っている場合は、Outlook グループ“) を追加し、専用メニュー バー、Outlook のお気に入りでのプレゼンス、および Outlook リソースのセクションを入力します。Outlook モバイルも Outlook グループをサポートしています。

Outlook グループには、次の特性があります。

他の Microsoft 365 グループと同様に、Outlook グループには SharePoint オンライン チーム サイトがあり、OneNote ノートブックを共有し、プランナーに接続できます。

サブスクライバとコピー

Outlook グループは、サブスクライバ リストに基づいて、グループに送信されたメッセージのコピーを配布します。ザ 自動購読新会員 グループ設定では、Exchange が新しいグループ メンバを自動的にサブスクライバ リストに追加するかどうかが制御されます。別の設定と呼ばれる 常にメンバーをサブスクライブするカレンダーイベント グループメンバーがカレンダーイベントのコピーを受け取るかどうかを制御します(場合によっては これらの設定を変更するために Teams が使用するグループを更新します).

ユーザーは、[受信トレイでフォロー]機能を使用して、グループのサブスクライバ リストに登録するかどうか制御できます。図 1 は Outlook デスクトップの設定を示しています。OWA では、設定の表示方法は異なりますが、同じ効果が適用されます。この場合、私はすべての電子メールとイベントを受信しないので、私はグループの加入者ではありません。ただし、グループに送信したメッセージに投稿された返信のコピーを受け取ります。

ウィンドウズ用の Outlook のグループ設定
図 1: Windows 用 Outlook のグループ設定

送信者とコピー

2017 年、マイクロソフトは、グループがサブスクライバーにコピーを配信したときに電子メールを処理する方法を変更しました。 メッセージの送信者へのコピーの配信を停止する 新しいメッセージと返信の場合。一面的には、送信者が送信済みアイテム フォルダにメッセージのコピーを持ち、送信者は特定のメッセージのコピーを受信トレイに配信する場合は、常に CC または BCC 受信者として自分自身を追加できるため、変更は妥当でした。変更が善意であったように、それは彼らがグループに投稿したもののコピーを受け取るのが好きな多くの人々を動揺させました。

数ヶ月前、マイクロソフト 方法を導入する ユーザーが Outlook グループに投稿されたメッセージのコピーを受信できるようにします。要件は次のとおりです。

  • ユーザーまたは Exchange 管理者は、メールボックスの設定を更新して設定する必要があります。 購読された送信者に戻るメッセージ 宛先 .この設定は、名前が示すとおり、購読された送信者によってグループに送信されたメッセージを Exchange トランスポート サービスがエコーするかどうか制御します。デフォルトでは、この設定は .
  • ユーザーは、投稿されたメッセージのコピーを受信する各グループをサブスクライブする必要があります。

の使用をカバーするメッセージセンターの通知が見つかりません。 購読された送信者に戻るメッセージ 設定(私はそれを逃した可能性があります)。ただし、「Microsoft 365 グループを管理するための一般的なタスク」ページから、コマンドレットに対する他の Microsoft 参照が見つかりません。 ハイブリッド展開をカバーするページへの GitHub の 10 月 29 日の変更.他の参照は他の場所に存在します。 この 8 月 31 日のスタック オーバーフローの議論.マイクロソフトがこの機能をより徹底的に文書化していないのは興味深いものです。

ユーザー更新プログラム

ユーザーは OWA オプションを使用してメールボックスの設定を更新できます。[グループ]セクションに移動し、 私がグループに送信したメールのコピーを私に送ってください オプション(図2)。

ユーザーが Outlook グループに投稿したメッセージのコピーを受信するかどうかの OWA 設定
図 2: Outlook グループに投稿したメッセージのコピーをユーザーが受信するかどうかの制御を制御する OWA 設定

管理者は、同じ操作を実行して メールボックスメッセージの構成を設定します。 コマンドレット。

Set-MailboxMessageConfiguration -Identity Kim.Akers -EchoGroupMessageBackToSubscribedSender $True

いずれの場合も、この設定はすべての Outlook グループを対象とし、変更が有効になり、Exchange がいずれかのコピーを配信するまでに最大 1 時間かかることがあります。ユーザーが購読しているグループに投稿されたメッセージ。

ユーザーは、自分のメッセージのコピーを受信するかどうか、グループを購読するかどうか、および自分のメッセージのコピーを受信するかどうかの制御を今すぐ持っているかどうかを選択できます。グループメールやイベントのコピーの受信をオプトアウトした人の設定を上書きするので、管理者がグループ全体で購読者の設定を更新することを推奨するのは嫌いです。ただし、すべてのユーザーをサブスクライバーにし、自分のメッセージのコピーを受信できるようにメールボックスの設定を更新する必要が生じる場合があります。その場合、この PowerShell は動作します。

# Update group subscriber list with all members and set their mailboxes to receive copies of messages posted to Outlook groups
$Group = Read-Host "What group do you want to update?"
Write-Host "Checking" $Group "..."
$GroupId = (Get-UnifiedGroup -Identity $Group -ErrorAction SilentlyContinue).ExternalDirectoryObjectId
If (!($GroupId)) { Write-Host "Sorry... we can't find" $Group "... exiting" ; break}
[array]$GroupMembers = Get-UnifiedGroupLinks -Identity $GroupId -LinkType Member
Write-Host "Adding group members as subscribers to" $Group
Add-UnifiedGroupLinks -Identity $GroupId -LinkType Subscriber -Links $GroupMembers.PrimarySmtpAddress
Write-Host "Updating mailbox settings for group members to allow them to receive copies of their messages posted to the group"
$GroupMembers | ForEach-Object { Set-MailboxMessageConfiguration -Identity $_.ExternalDirectoryObjectId -EchoGroupMessageBackToSubscribedSender $True }

このコードの興味深い点の 1 つは、呼び出す必要がないことです。 追加統一グループリンク をクリックして、各グループ メンバーをサブスクライバ リストに追加します。メンバーの配列がある場合は、呼び出し後に行います。 取得統一グループリンク メンバリストを取得するには、入力と 追加統一グループリンク は、1 回の呼び出しで複数のメンバーを呼び出します。

グループのその他の更新

最後に、Outlook グループに近い予定の他の 2 つの変更点をメモしておきます。まず、MC302487 (12 月 8 日) は、グループからメッセージを送信するときに、グループに対して “送信者" アクセス許可を割り当てられたユーザーがグループ名を選択する必要がなくなると表示されます。この変更は OWA にのみ適用され、ロールアウトは 1 月中旬に開始されます。次に、MC303512 (12 月 10 日) は、Outlook グループのフォルダ アイコンを表示する代わりに、OWA が 12 月中旬のグループ アイコンを使用するという同様に重要なニュースを提供します (この変更は、対象リリーステナントにまだ現れていません)。私は新しいアイコンがすべての違いを作ると確信しています。


Office 365 が実際にどのように機能するかについては、サブスクリプションを作成してください。 IT 担当者向け Office 365 電子書籍。毎月の更新プログラムでは、Office 365 エコシステム全体で重要な情報を購読者に通知します。

[ad_2]

未分類

Posted by admin