マイクロソフトキャップズエクスチェンジオンラインの「無制限アーカイブ」1.5 TB

[ad_1]

ボトムレスアーカイブは11月1日に終了します

マイクロソフトは発表しました"自動拡張、高度にスケーラブルなアーカイブ2015 年 6 月 3 日に Exchange オンライン用。ザ 元のブログ投稿 の約束を守った"本当に底なしのアーカイブ."この新機能により、必要なライセンス (Office 365 E3 以上、Exchange オンライン プラン 2、または Exchange Online アーカイブ ライセンス) を持つユーザーは、アーカイブ メールボックスに必要なだけの情報を取り込むことができました。

ユーザーメールボックスは 100 GB のアーカイブから始まり、共有メールボックスは 50 GB で始まります。アーカイブに情報が追加されると、Exchange Online は自動的にストレージを監視し、アーカイブがその制限の 10% 以内に入ると、論理アーカイブ メールボックスを形成する物理シャード (格納場所) のチェーンに 50 GB のストレージを追加します。拡張プロセスは、ユーザーが介入する必要なしに自動的に行われます。

底なしのアーカイブの出現は、顧客がPSTファイルをExchange Onlineに移動するのを助けるためにマイクロソフトのOffice 365インポートサービスをサポートする素晴らしい話でした。自動拡張アーカイブは、Google のような競合他社が利用できる機能よりも大きな利点を提供し、Office 365 の顧客データの量を増やすことにマイクロソフトを傷つけることはありませんでした。より多くのデータは、余分な粘着性を意味します。つまり、テナントが Office 365 から移動するのは難しくなります。

2016 年にロールオンし、マイクロソフトは顧客テナントで拡張可能なアーカイブを有効にし始めました。ご期待のとおり、 新しいテクノロジーは、いくつかの展開の課題を満たしました サービス全体で完全な実装は 2017 年まで行われませんでした。

運用上の問題

展開の問題を乗り越えた後、Microsoft は、一部の移行プロジェクトが、アーカイブ ターゲットとして共有メールボックスを使用して、従来のアーカイブ システムから Exchange Online に膨大な量のデータを移動する機会を得た方法など、他の運用上の問題を発見しました。これは、拡張可能なアーカイブは純粋に個人的な使用のためであり、1 GB/日以上成長することができないという現在のガイダンスにつながりました。 マイクロソフトは言うユーザーのアーカイブ メールボックスは、そのユーザーのみを対象としています。ジャーナリング、トランスポート ルール、または自動転送ルールを使用してアーカイブ メールボックスにメッセージをコピーすることは許可されていません。Microsoft は、ユーザーのアーカイブ メールボックスを使用して他のユーザーのアーカイブ データを保存する場合、または不適切な使用の場合に、無制限のアーカイブを拒否する権利を留保します。."

非常に大きなアーカイブは、メールボックス データベースまたはサーバー間で大きなアーカイブを持つメールボックスを移動するのに必要な時間など、他の懸念を引き起こしました (Microsoft は通常、Exchange Online サーバー間でメールボックスの負荷を再調整します)。顧客の観点から、一度 拡張可能なアーカイブを有効にするでは、Exchange Server がこの機能をサポートしていないため、これらのメールボックスをオンプレミス サーバーに戻す必要はありません。

ボトムレスアーカイブのレイニング

自動拡張アーカイブの使用に懸念を抱き、マイクロソフトは、その成長を促進しようと試みた。 2019年11月に最大1 TBを課す.この制限は、ソフトウェアに存在せず、新しい制限を超えて成長を制御するメカニズムが利用できないという面で人工的でした。さらに、新しい制限の導入に関するマイクロソフトのコミュニケーションはひどく、顧客はうまく反応しませんでした。

2020年1月、 マイクロソフトは 1 TB の制限から後退しました。 Exchange Online サービスの説明を更新し、アーカイブの最大サイズに関する説明を削除しました。当時、私はこのトピックについてもう一度聞くと言いました。マイクロソフトが決定のインとアウトを通して作業し、適切なコミュニケーションと実装計画を作成した後。テナントに伝えられ、管理者には大規模なアーカイブ メールボックスを管理するためのツールが与えられ、制限が適用されます。

11月1日新しい1.5 TB制限を導入

これまでのところ、MC288051(9月28日発行)が通信計画です。マイクロソフトは、Exchange Online サービスの説明から 「無制限」という単語を削除し、アーカイブ メールボックスに構成不可能な 1.5 TB の制限を作成すると述べています。この変更は 2021 年 11 月 1 日に行われ、新しい制限が有効な場合、メールボックスが 1.5 TB の制限を超えてプッシュされた場合、ユーザーはアーカイブ メールボックスに情報を追加できなくなります。技術的な用語では、Exchange Online では、データをアーカイブに制限まで移動できますが、アーカイブ メールボックスを拡張するために 50 GB のチャンクを追加することはしません。

私は疑う新しい制限は多くのユーザーに影響を与えない。不思議なことに、MC288051 では、マイクロソフトは顧客に言及しています。以前 Microsoft サポートと協力して、1.5 TB を超える既存のアーカイブに対して例外を提供してきましたが、これらの特定のアーカイブはこの変更の影響を受けません."これは、おそらく非常に大きなアーカイブを持つ顧客がマイクロソフトのサポートからの介入を必要とする操作の問題に遭遇した後、以前は制限が有効であったように聞こえます。

レポート アーカイブ メールボックス

いずれにせよ、新しい制限は2021年11月1日に到着します。1.5 TB に近づいている場合に備えて、テナント内のアーカイブ メールボックスのセットを確認します。メールボックスビューを使用して、最も可能性の高い犯人の状態を簡単に確認できます。 新しい EAC (図1)。

新しい Exchange Online 管理センターを使用したメールボックスのアーカイブ統計の確認
図 1: 新しい Exchange Online 管理センターを使用してメールボックスのアーカイブ統計を確認する

GUI で個々のメールボックスを追い詰めるのは退屈であり、これはまさに PowerShell が輝くような状況です。以下に、 Exchange オンライン管理モジュール をクリックして、テナント内のすべてのアーカイブが有効な共有メールボックスとユーザーメールボックスを検索し、レポートを生成します。アーカイブが有効なすべてのメールボックスにアーカイブが展開されているわけではありません。

レポートの出力は CSV ファイルです。また、画面上のデータを出力する アウトグリッドビュー コマンドレット (図 2)。

Exchange オンライン アーカイブ メールボックスの使用に関するレポート
図 2: Exchange オンライン アーカイブ メールボックスの使用に関するレポート

新たな制限の限定効果

この変化が実際的な意味でどれほどの違いをもたらすかは言い難いです。ほとんどの Exchange Online テナントは、1.5 TB のアーカイブを生成することはありません。モンスターアーカイブを蓄積するには本当の努力が必要です。1 GB/日の制限を使用すると、1,536 GBは満たすのに4.2年、または年間200営業日でより合理的な200営業日で7.68年かかります。非常に大きなアーカイブを必要とする人は、すでに要件を認識しており、おそらく、地元のMicrosoft担当者と継続的なコミュニケーションを持つエンタープライズテナントです。これは、Microsoft 365 の上下のリストに追加するもう一つのものです。



[ad_2]

未分類

Posted by admin