チームミーティング用の流体コンポーネントに含まれる軽量プラン

[ad_1]

名簿は軽量プラン

6ヶ月後 彼らの元の試み、マイクロソフトは、この機能を有効にすることで、名簿または軽量プラン(MC279089、8月18日)を再開する準備ができているようです。9月中旬から始まるすべてのテナントのグラフで、10月中旬までに完了する予定です."グラフの言及は、名簿を無効または有効にするためにPowerShellを使用しているため、少し混乱しています(下記参照)。つまり、Office 365 テナントで必要なグラフ API を有効にすることで、軽量プランを有効にします。

ライトウェイト プランは、Microsoft 365 グループを持たないプランプランナー プランです。当初、Planner はグループと 1 対 1 の関係を持ち、各プランにはグループが関連付けされていました。チームは、チーム (グループ) ごとに複数のプランをサポートすることで、1:1 の接続を破りました。軽量プランには、メンバーの独自のリスト (名簿) があります。メンバーはテナントに Azure AD アカウントを持ちます。プラン自体は Azure AD オブジェクトとして存在しません。代わりに、Planner は、同じ Planner ブラウザ インターフェイスを使用して他の (グループ対応の) プランと同様に軽量プランを管理します (グループ対応プランで使用可能なリソースへの参照は抑制されます)。Planner は、最後のメンバを削除すると、軽量プランを自動的に削除します。

チーム会議での流体ベースの軽量プランの使用

マイクロソフトは、軽量プランを作成する唯一の方法は、 プランナーのためのグラフ APIMicrosoft が名簿コンテナを扱うために拡張している。これにより、マイクロソフトが軽量プランをどのように使用するのか、きちんと説明します。MC279089 では、参照が 新しいハイブリッドワークの革新 (2021 年 6 月) マイクロソフト CVP ジャレッド スパタロは、流体フレームワークを含むマイクロソフト 365 に来る新機能について説明しました。

私たちは、チームがすぐにサポートすることを知っています チャットでの流体コンポーネント.軽量プランとチームの間の自然なつながりは会議で、特に会議の開催者が会議中に割り当てられたタスクを追跡するための流体コンポーネントを追加できるようにすることです (会議参加者は計画名簿を形成します)。

流体コンポーネントにはタスク リストが既に含まれていますが、このコンポーネントでキャプチャされたタスクは、発信者のビジネス用 OneDrive アカウントで作成された流体ファイルにのみ存在します。流体コンポーネントを Planner 軽量プランにリンクする利点は、軽量プランでキャプチャされたタスクが Microsoft 365 タスク エコシステムの残りの部分と同期し、To Do やチーム タスク アプリなどのアプリで使用できることです。同期は、会議中に割り当てられたタスクが 自分に割り当て リスト内 自分のタスク タスク アプリで。チームで実装がどのように機能するかを確認する必要があります。同じコンポーネントが後で Outlook の会議に表示されると思います (OWA は、最初に、後でエッジ WebView2 コンポーネントを使用して Outlook デスクトップを先にします)。

プランナーの継続的な貧弱なPowerShellサポート

私の3月の投稿では、プランナーによるPowerShellの貧弱なサポートについてコメントしました。それ以来、事態はあまり改善されていません。PowerShellギャラリーを介してPowerShellモジュールの配布をサポートするのではなく、プランナーが現在のリグマロールを通過する理由は私を超えています。

名簿を無効にする (または後で再度有効にする) 場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • PowerShell モジュール ファイル (psm1) を含む Zip ファイルをダウンロードする マイクロソフトから.
  • 適切な場所にファイルを解凍し、スクリプトモジュールとDLLファイルをブロックします。
  • ダウンロードしたファイルの実行を許可するように、ワークステーションの実行ポリシーを調整します。
  • モジュール ファイルを PowerShell セッションにインポートします (psm1 の完全な場所を含める必要があります)。
  • プランナーの構成を確認します。 プランナーの構成を取得します。 コマンドレット。
  • 名簿の設定を調整します。 セットプランナー構成 コマンドレット。

たとえば、ファイルを読み込み、構成を確認し、構成を更新して名簿の作成を無効にするために行った処理を次に示します。

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy Unrestricted -Scope Process

Execution Policy Change
The execution policy helps protect you from scripts that you do not trust. Changing the execution policy might expose
you to the security risks described in the about_Execution_Policies help topic at
https:/go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170. Do you want to change the execution policy?
[Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "N"): y

Import-Module "c:tempplannertenantadminplannertenantadmin.psm1"

Get-PlannerConfiguration
AllowRosterCreation AllowTenantMoveWithDataLoss AllowPlannerMobilePushNotifications AllowCalendarSharing
------------------- --------------------------- ----------------------------------- --------------------
               True                       False                                True                 True

Set-PlannerConfiguration -AllowRosterCreation $False

プランナーユーザーデータのエクスポート

Planner スクリプト モジュールには、 エクスポートプランナーユーザーコンテンツ 管理者が使用できるコマンドレット 選択したユーザーのプランナー データをエクスポートします.たとえば、プランナーデータをエクスポートするには、次のコマンドを実行しました。

Export-PlannerUserContent -UserAadIdOrPrincipalName Tony.Redmond@office365itpros.com -ExportDirectory C:tempplannertenantadmin

コマンドレットは、51 プランから 13.7 MB の Planner データをエクスポートするのに 35 秒かかりました。各プランのデータは、Planner で使用されるタスクやその他の情報の詳細を含む個別の JSON 形式のファイル (図 1) に格納されています。

図1:プラユーザー用にエクスポートされた nner データ

MVP アレックス・ホームズ Planner Graph API を使用してユーザーのデータを抽出し、新しいテナントのアカウントにデータをインポートすることについて書かれています。この機能が存在すると、JSON ファイルを処理する同等のインポートコマンドレットがなくても、Planner データの移動が簡単になる可能性があります。

前進

軽量プランは、少数のユーザーのタスクをキャプチャして管理する必要があるアプリに新しい可能性を開きます。私は何年もPlannerの幸せなユーザーであり、開発と進捗状況を管理するためにアプリを使用しています IT 担当者向け Office 365 電子書籍。チームのタスク アプリは、個人 (タスク/Outlook) と組織 (プランナー) タスクの優れたオーバーヘッドを提供します。軽量プランで管理される会議で割り当てられたタスクを追加すると便利な拡張機能になります。アプリで機能が表示されるタイミングがわかります。

[ad_2]

未分類

Posted by admin