PowerShell を使用して複数の Microsoft 365 アカウントから単一のサービス プランを削除する方法

[ad_1]

SKU、製品名、およびサービスプランについて

サービス プランは、マイクロソフトのライセンス可能な製品 (SKU または在庫保管単位) の販売不可能な要素です。SKU は、ライセンスについて話し合うときに、よく考えるものです。マイクロソフト 365 アカウントは、TOPIC_EXPERIENCES、エンタープライズ パック、EMSPREMIUM などの複数の SKU を持つことができます。これらの SKU の製品名は、Viva トピック、Office 365 E3、およびエンタープライズ モビリティとセキュリティ E5 です。製品名は、Microsoft 365 管理センターの[課金]セクションなどで表示されます (図 1)。

図 1: Microsoft 365 管理センターの製品名

より細かいレベルでは、Office 365 E3 のような「バンドルされた」SKU には複数のサービス プランが含まれており、それぞれがアプリなどの一部の機能にアクセスできます。 このページでは、SKUS とサービス プランの間の接続の詳細を説明します。.

執筆時点では、Office 365 E3 は 28 のサービス プランをカバーし、Office 365 E5 には 53 があります。Office 365 E5 には、次のようなライセンス機能を提供するサービス プランが含まれています。 高度なコンプライアンス機能、顧客ロックボックス、 高度な監査、コンテンツエクスプローラ、機密ラベル用サーバベースの自動ラベル付け 保持ラベル、レコード管理、および情報の障壁。

Microsoft では、新しいサービス プランを導入し、さまざまなユーザー コミュニティに新しい機能をライセンスする機能を強化したり、新しい機能へのユーザー アクセスを制御したりできるようになりました。チームは良い例です。チーム サービス プラン (TEAMS1) は、多くの Office 365 およびマイクロソフト 365 SKU に含まれます。4月には、 マイクロソフトは、チーム Pro のサービス プランを追加すると発表しました 一部の SKU に対して、チーム Pro サービス プランを使用して、それらの SKU でライセンス供与されたアカウントが新しい機能にアクセスできるようにします。現在までに、マイクロソフトは、テナント内の SKU に Teams Pro サービス プランを追加しておらず、新しいサービス プランがカバーする機能も説明していません。

利用可能なサービスプランの確認

テナント管理者が、ライセンスを受けたアプリや機能にアクセスできないようにする必要がある場合があります。この機能が古い場合や、組織が同じ処理を行うための異なるソフトウェアを持っている場合や、トレーニング、ドキュメント、サポートの準備を可能にするために遅延が必要な場合があります。数年前、マイクロソフトはカイザラとチームへの統合について大きなことをしました。カイザラは現在、Office 365 E3 と E5 でまだ利用できる古い機能です。スウェイは同じカテゴリにあります。Microsoft 予約は、エンタープライズ ユーザーが使用する頻度が高いオプション機能ですが、Office 365 E3 および E5 の一部でもあります。つまり、Office 365 と Microsoft 365 SKU にバンドルされている一連のサービス プランを確認すると、混在する不要なごみの量に驚くかもしれません。

個々のサービスプランの削除

たとえば、ユーザーに割り当てられた SKU から個別のサービス プランを削除するとします。この投稿では、次の方法について説明します。 割り当てられた個々のサービス計画を報告する (ライセンス) と、Azure AD がサービス プラン情報をユーザー アカウントに格納する方法について説明します。選択したサービス プランへのアクセスを削除してさらに進みたいと考えており、その結果として、古い Microsoft Online Services モジュールのコマンドレットを使用して作業を完了する必要があります。Azure AD モジュールからコマンドレットを使用して、ユーザーに割り当てられたライセンスから個々のサービス プランを削除する方法がわかりません(おそらくこれが理由の 1 つです。 マイクロソフトは Azure AD モジュールから離れて移動しています。).

いずれにしても、複数の Microsoft 365 アカウントから個別のサービス プランを削除する手順の原則を示すスクリプトを作成しました。できます GitHub から完全なスクリプトをダウンロードします。.主な手順は次のとおりです。

  • テナントのサービス ドメインを決定します。次のようなコマンドレット 新しいMsolライセンスオプション SKU 名にテナント名の前に付ける場合は、SKU を参照してください。たとえば、Contoso:EnterprisePack は、Contoso 組織の Office 365 E3 SKU を参照します。テナントの承認済み電子メール ドメインのセットを確認することで、サービス ドメインを見つけることができます。サービス ドメインは、onmicrosoft.com を持つドメインです。残念ながら、テナントは 2 つ (SharePoint Online サイトの名前を変更する場合に必要) を持つことができるので、その可能性に注意する必要があります。
  • サービス プランを削除する SKU を選択します。テナントは多数の SKU を使用する可能性があるため、次の情報を参照してください。 取得-アズラドサブスクライブスクー をクリックし、管理者に SKU を選択するように依頼します。
  • 選択した SKU から削除するサービス プランを選択します。これはサーバニックを読む問題ですE 計画を SKU から取得し、管理者に選択を依頼します。
  • ターゲット アカウントを選択します。私は使用します 取得 -エキソメールボックス このコマンドレットは、さまざまなサーバー側フィルター (たとえば、国や部門の全員) をサポートしているため、ユーザーメールボックスのセットを取得します。重要なことは、ターゲット アカウントの Azure AD オブジェクト識別子を取得することです。
  • オブジェクト識別子を使用して各アカウントにアクセスし、サービスプランを削除するには、 セット-Mソルユーザーライセンス コマンドレット。
  • 対象のメールボックスに割り当てられている SKU から削除されたサービス プランを報告します。

図 2 は、スクリプトの動作を示しています。サービス ドメイン、SKU、サービス プラン、およびユーザー アカウントの処理の選択を確認できます。この場合、選択したオプションは、エンタープライズ パック (Office 365 E3) SKU から Sway サービス プランを削除します。

Microsoft 365 ユーザーに割り当てられている Office 365 E3 ライセンスから SWAY サービス プランを削除するスクリプトを実行します。
図 2: Microsoft 365 ユーザーに割り当てられている Office 365 E3 ライセンスから SWAY サービス プランを削除するスクリプトを実行する

レポート出力は CSV ファイルです。図 3 は、レポートでキャプチャされた情報を、 アウトグリッドビュー コマンドレット。

サービスプランの削除の報告
図 3: サービスプランの削除の報告

再びスコアを上げる

他の人はSKUからサービスプランを削除する問題を解決するさまざまな方法を持っていると確信しています。ここで明らかなことは、PowerShell が管理操作を自動化するための非常に柔軟なツールであるということです。テナント管理者が PowerShell スクリプトの基本を知り合う時間を取ったことがないと認めたとき、私はとても驚いています。それは難しいことではない。から学ぶために利用可能な例のトンがあります。そして、それは仕事を終えします。すべての良いもの!


Office 365 が実際にどのように機能するかについては、サブスクリプションを作成してください。 IT 担当者向け Office 365 電子書籍。毎月の更新プログラムでは、Office 365 エコシステム全体で重要な情報を購読者に通知します。

[ad_2]

未分類

Posted by admin