チームは新しい出席レポート ダッシュボードを導入します。

[ad_1]

画面上および CSV ファイルとして使用できる Exchange オンライン メールボックスに保持されるデータ

6 月 7 日に公開されたメッセージ センター通知 MC260565 は、チームの会議の詳細の新しい出席タブに関するニュースをもたらします。Microsoft はそれを「レポートダッシュボード」と呼んでいますが、実際には出席レポートデータを取得して素敵な形式で表示する方法に過ぎません(図 1)。この情報を見ることができるのは、会議の開催者だけです。新しいタブはロールアウト中で、6 月末までにすべてのテナントで使用できるはずです。

チーム会議の出席レポートの確認
図 1: チーム会議の出席レポートの確認

この機能は、通常のチーム会議とチーム会議の両方で機能します。 ウェビナーはチームの会議として実行されます ウェビナーに表示される情報には登録と出席データが含まれているという顕著な違いがあり、ウェビナーの主催者は、未登録の人が出席した場合、何人の登録された出席者が現れたかを簡単に確認できます。

既存のデータを構築する

出席レポートは、会議が完了した後に使用できます。ただし、[出席]タブが存在する前に、会議の開催者は、CSV ファイルとして情報をダウンロードし、Excel のようなアプリケーションを使用してコンテンツを表示する必要がありました。[出欠]タブとまったく同じデータが CSV ファイルで確認できます (図 2)。画面上で見ると、それはちょうど良く見えます。

CSV ファイルにエクスポートされたチーム出席データ
図 2: CSV ファイルにエクスポートされたチーム出席データ

会議の開催者はデータのスライスやダイシングに使用する分析プログラムに情報を読み込むことができるので、出席データをCSVファイルにダウンロードする機能は引き続き役立ちます。たとえば、ウェビナーの主催者は、登録データと出席データを比較して、登録された出席者の一部がイベントに表示されなかった理由の手がかりを探すことができます。

出席レポートの複数のインスタンス

会議に何度も参加して離れることができます。開催者が会議を離れると、会議が終了します。ただし、開催者は会議を再開でき、また再び参加できます。開催者が会議を開始するたびに、Teams は出席レポートの新しいバージョンを生成します。すべてのバージョンをドロップダウン メニューから表示できます (図 3)。

会議の複数のインスタンスが出席レポートの複数のバージョンを生成します。
図 3: 会議の複数のインスタンスが出席レポートの複数のバージョンを生成する

会議の詳細から出席レポートの CSV データをダウンロードする場合、チームは最新バージョンの会議のデータを使用します。以前のバージョンにアクセスするには、ミーティングチャットにアクセスし、そこから目的のミーティングのインスタンスの情報をダウンロードします。

チームが会議の出席データを格納する場所

Teams がレポートに使用するデータを保存する場所を追跡することは常に興味深いことです (コンプライアンスの観点から重要な場合があります)。この場合、MFCMAPI ユーティリティを使用して、会議開催者の Exchange Online メールボックスの非 IPM (隠し) 部分のフォルダをスヌーピングすると、アプリケーションデータルート/93c8660e-1330-4e40-8fda-fd27f9eafe10/出席レポートV3コレクション。 フォルダには、メール アイテム (メッセージ) が格納され、MAPI プロパティが表示されます。 アイテムのエントリJsonBlob.このプロパティでは、チームの会議の出席者に関する情報を確認できます (図 4)。

Exchange オンラインに格納されているチームの出席レポートデータ
図 4: Exchange オンラインに格納されているチーム出席レポートデータ

その他の出勤データは、 参加者の活動 同じルートの下のフォルダ。ただし、アイテムのデータは 出席レポートV3コレクション フォルダは、出席レポートに情報が表示される方法でフォーマットされているので、私は、この(とフォルダ名)は、データのソースへの手がかりだと思います。

チームが Exchange オンラインで会議の出席データを保存する理由を尋ねる場合があります。チームは、他の Microsoft 365 アプリケーションと同様に、既に Exchange Online メールボックスにさまざまな種類の情報を格納しています。 チャットとチャネルの会話のコンプライアンス レコード 議事録を会議に表示するテキスト。メールボックスに Teams データを格納すると、Microsoft Search によるインデックス作成と検索が可能になります (MC260749 によると、トランスクリプト テキストはすぐに検索可能になります)。このようなチームのデータを格納することは、Microsoft 365の基質の良い例です。

フィットと仕上げの変更

起動後数か月後に出席データを表示するために GUI を出荷する 出席レポートの新しい形式 に対する機能の導入 ウェビナーとしてチーム会議を実行する いくつかのフィット感と仕上げを適用するように見えます。それには何の問題もありません。アプリケーションの動作を文書化する人々の生活をより困難にしますが、 IT 担当者向け Office 365 チームは挑戦次第です!

[ad_2]

未分類

Posted by admin