チーム デスクトップ クライアントのパブリック プレビューを Workplace の現在のチャネルにリンクする

[ad_1]

Office とチームの初期機能のリンク

メッセージ センター通知 MC264092 (6 月 23 日) は、マイクロソフトが Office プレビュープログラムとチーム プレビュー プログラムを接続しているというニュースを表示します (マイクロソフト 365 ロードマップ項目 81704).昨年、マイクロソフトはチームのデスクトップクライアントを刷新しました。 テナントがプレビュー機能へのアクセスを制御できるようにするをクリックし、プレビューに切り替えるオプション (図 1) と、表示を制御する Teams の更新ポリシーの設定を提供します。

Teams デスクトップ クライアントをパブリック プレビュー モードに設定するオプション
図 1: Teams デスクトップ クライアントをパブリック プレビュー モードに切り替えるオプション

同時に、チームは、エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリ (Office デスクトップ アプリ) がさまざまなチャネルを通じて段階的に機能を提供する方法と連携しました。その上に、チームは現在、Office の現在のチャンネル (プレビュー) とチームのパブリック プレビューリリース間のリンクを作成しています。私は、人々がすでにOfficeの初期のリリースを使用している場合、彼らはおそらくチームのデスクトップクライアントの早期リリースを使用して喜んでいるという考え方を仮定します。

7 月下旬から、Office 現在のチャンネル (プレビュー) を使用するように構成されたアカウントは、チームのパブリック プレビューを自動的に取得します。チームとオフィスの間のリンクは、新しいによって制御されます パブリック プレビューを許可する は、ユーザー アカウントに割り当てられたチーム更新管理ポリシーの設定です。の既定値 パブリック プレビューを許可する 設定は フォローオフィスプレビューつまり、既定の設定でポリシーが割り当てられたアカウントで使用される Teams デスクトップ クライアントは、チームパブリック プレビュー機能を自動的に有効にします。ユーザーが新しいデフォルト設定を有効にしたくない場合は、7 月 23 日までにポリシーを更新してください。

プレビューの制御

MC264092 の最後の段落は"パブリック プレビューのオプトイン/オプトアウトを許可しているユーザーが既に存在し、その設定を現在の形式で維持したい場合は、チーム管理センターに移動して新しい既定値の “FollowOfficePreview" から “有効" に切り替える必要があります (または PowerShell を使用します)。

これは、マイクロソフトが非 プレビューを許可する を設定して、チームの更新ポリシーを設定します。代わりに、新しい パブリック プレビューを許可する 設定には、次の 3 つの値があります。

  • フォローオフィスプレビュー: Office プレビューとチーム プレビュー間のリンクを作成する新しい既定値。
  • 有効: この値を使用すると、ユーザーは (現在のように) プレビュー モードに切り替えることができますが、Office プレビューとチーム プレビュー間のリンクはありません。ユーザーは、使用する Office チャネルに関係なく、チーム プレビュー モードに切り替えることができます。プレビューモード(自動または手動スイッチ)のユーザーは、チームクライアントのメニューバーにアバターの横にPが表示されます。
  • 無効: プレビュー モードに切り替えることはできません。

テナントには、チームと Office の両方で最新のテストを行うユーザー用、チームプレビュー機能のみをテストできるユーザー用、プレビューへのアクセスを防ぐための更新ポリシーが複数ある場合があります。ユーザーがプレビュー モードを使用できるように、チーム更新ポリシーが既にある場合は、 プレビューを許可する 設定するには、ポリシーを更新する必要があります パブリック プレビューを許可する あるべき 有効 又は フォローオフィスプレビュー.

更新ポリシーは、チーム管理センターで作成および編集するか、または チームパワーシェルモジュール.たとえば、次のコマンドは、プレビュー モードへのアクセスを無効にするグローバルな Teams 更新ポリシーを更新します。

Set-CsTeamsUpdateManagementPolicy -Identity Global -AllowPublicPreview Disabled

TAP またはターゲット リリースの変更なし

組織がチーム テクノロジ導入プログラム (TAP) に参加している場合、マイクロソフトは TAP ユーザーへの新しい機能のプロビジョニングを制御するために別のメカニズムを使用するため、ユーザーはこの変更の影響を受けません。さらに、新しいポリシー設定は、ターゲット リリース用に構成されたテナントに新しい機能が到着する方法に影響しないと述べています。


そんなに変化、すべての時間。マイクロソフトが Office 365 で行うすべての更新に遅れないようにすることは困難です。購読する IT 担当者向け Office 365 eBookは、何が起こっているかについて毎月の洞察を受け取ります。

[ad_2]

未分類

Posted by admin